トップページ

    このサイトではアルミバンの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アルミバンの買取相場を調べて高額買取してくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で調べてみてください。

    トラックのアルミバンを高額買取してもらうために大事なことは「複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取業者からの査定額を比較することができるので、アルミバン(パネルバン)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、トラックの平ボディやアルミバンの買取相場を調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社の買取見積書を持っている場合は、その金額よりも高くアルミバンを買い取ってもらえます。

    しかも、ネットの買取査定サービスにありがちな「しつこい営業電話」もありません。「断りにくい状況を作りません。」と宣言している買取業者なので、安心してアルミバンの無料査定に申し込めます。

    もちろん、全国の出張買取に対応していて利用は無料。離島でも山間部でも完全に無料です。

    即日の現金買取にも対応していますし、台数も金額も無制限です。
    「まとめてアルミバンを何台も売りたい」という場合でも、その場で現金支払いをしてもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分もかからない簡単入力でアルミバンの買取相場が分かる無料の一括査定サイト。
    複数の業者と提携してして、厳選5社にアルミバンの買取査定を依頼できます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長い距離を走ったアルミバンを1円でも高く売りましょう。

    「いくつもの買取業者に買取査定をお願いすると断るのが大変で…」という場合でも、業者へのお断り代行サービスをしていますので、安心して利用してみてください。






    トラック王国

     トラック王国は、長年の実績を持つ老舗の中古トラック買取業者。
    中古トラックやアルミバン、重機の現車確認や試乗ができる展示場が全国5ヵ所にあり、中古トラックの販売サービスも行っているので、独自の販売ルートを持っています。

    その為、他社よりもアルミバンを高く売れる可能性があります。
    テレビCMやラジオ、雑誌などでも宣伝しているので知名度も抜群で全国への出張査定も無料。

    商業車によくある低年式や過走行車、廃車寸前の状態でも独自の販売ルートがあるため、高額買取が可能です。
    看板消しやレッカー移動も無料ですし、「20万キロ以上走っているアルミバンを買い取って欲しい」という場合でも査定依頼ができます。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーと言うくらい有名なので安心して使えます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にアルミバンの買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからアルミバンの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのアルミバンの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのアルミバンでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者がアルミバンを査定してくれるので、高額査定をしてくれた買取業者に。あなたが大切に乗ってきたアルミバンを売却しましょう。






    車買取コラム

    車の査定金額が下がる主となる要因には何点かあるのですが、最も大きな査定低下の要因は、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    ものによっては査定金額が付かないところまで下がってしまう時もあるのです。

    しかしそうは言っても、故障および事故などで修理歴があると絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    中古車査定において、へこみやキズがある車は査定の際に低く見積もられることが大半です。

    そうはいっても、それを回避しようとして買い取りに出す前に自ら直そうとするのはあまりお勧めできません。

    事前に自分で修理しても、自分で修理するのにかかった費用以上にグッと査定金額がアップするとは思えないからです。

    車を自分で直そうと考えるより、買取が成立した後に、中古車販売店が提携している業者に修理依頼した方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    中古車買取業者といっても皆一様ではなくて、軽自動車や事故車、輸入車などある特定の種類の車種販売が得意だったり、若しくは専門的に販売している店舗が存在します。

    もし自分が売ろうとしている車が軽自動車だったら、軽自動車限定で扱っている会社に売った方が高い金額で買い取ってもらえることでしょう。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、判別することができるでしょう。

    実際に車を見て査定してもらう際に、わざわざ車で買取り店舗まで行く方法以外に、家などに出張して査定してもらうやり方もあり、利用する人も少なくありません。

    CMでもおなじみの大手はもちろん中小に至るまで、多くの買取業者が契約の有無にかかわらず無料で査定に来てくれます。

    ということは、同じ時間帯に複数の業者に来てもらえば、同日中に各社の見積額を出させることも可能です。

    競争心が生じるわけですから、比較的高い価格で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

    中古車の売却を考えている場合、査定を受けるために突然、買取店舗に車で行ってしまうのは無謀にもほどがあります。

    同業他社の査定額を比較することもなしに来店すれば、価格交渉の根拠がなく、安値になる可能性が高いからです。

    あえてメリットを挙げるならば、スピードです。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、契約に必要な印鑑(実印。

    軽は認印可)や書類一式が手元にあれば、乗り付けた日のうちに契約なんてことも充分可能です。

    過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。

    原因となった事故の相手にこの損失について補償を求めるとなると、ケース別に判例が多すぎてなんとも言えません。

    仮に当事者同士で話し合っても自動車保険会社は何ら支払いをしてくれない場合が多いです。

    やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所と対応を話し合う必要があります。

    実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって車の買取査定を行うのが普通です。

    未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じで減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    採点されるポイントは、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、改造パーツの有無、走行距離などです。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、一目瞭然です。

    中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、溝が磨り減っているとマイナス査定になります。

    そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えてもタイヤ購入の費用以上に加点されることはありませんから、タイヤを履き替える必要はないのです。

    でも、履いているタイヤがスタッドレスならば、実際の見積もりに出す前に通常のノーマルタイヤに戻してください。

    スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、減点対象になってしまうことがほとんどですから。

    買取業者からの電話攻勢がすさまじくて面倒な思いをすることもあるでしょうが、一度に何店舗かの業者に見積もりを出してもらうことは車を高額で売るためには必要なことです。

    相場を知っていないと業者との交渉もできないでしょうし、査定金額の相場が分かるためには幾つかの買取業者に査定してもらうのが一番ですから。

    「即決すれば高く買い取りできます」などの営業トークに誘惑されて即決することはなるべく避けましょう。

    大きな交渉事は焦らないことが、なるべく高く車を手放すことができる最良の方法なのです。

    自動車に掛かる税金の話をすると、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

    一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、支払った税金の残り月数分の金額が査定に上乗せされますから、必要以上に税金を払ってしまう心配はないのです。

    しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り戻ってくる制度があるわけではないのです。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りを加算して査定してくれるケースもあることでしょう。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。